経済法令メディアプラス > 未分類 > 実は青くない? ブルームーンを見よう

実は青くない? ブルームーンを見よう

2020年10月02日

370704_s(tomomuraさんによる写真ACからの写真 )

今月のように、ひと月に2回の満月があるとき、その満月は「ブルーム―ン」と呼ばれることがあります。
満月から次の満月になるまでの周期は、おおよそ29.5日とされており、月のはじめが満月の場合、月末にもう一度満月となることから、このような珍しい現象が起きます。
ちなみに、2020年10月の次は、2023年の8月にブルームーンが見られるようです。
(※ 大気中の塵等の影響によって実際に月が青く見える現象をブルームーンということもあります)

また、10月31日の満月は、地球から最も遠い満月であり、通常の満月よりも暗く小さい月、「マイクロムーン」となっています。
ニュースにも取り上げられる明るく大きい「スーパームーン」とは違い、あまり話題にはならないかもしれませんが……

月明かりによって海面などに光の道が現れる「ムーンロード」。
幻想的な景色は観光スポットにもなっていたりしますが、ちょっと意外な? 撮影スポットをご紹介します。

IMG_2

 

かなり昔のスマホで撮影したので画質がよくないですが、これを撮影したのは日本海の海上、「フェリーの上」です。
周囲を海に囲まれ、月見だけでなく日没や日の出などを撮影するのもオススメです。

IMG_1

近年では個室も多く一人旅でも快適に過ごすことができますので、旅行等の際に利用してみるのはいかがでしょう。

関連記事